MENU

更年期の抜け毛に処方される薬と市販サプリ

更年期,抜け毛,サプリ

40代から50代にかけて、女性は更年期に入ります。

 

更年期になるとエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌が激減し、ホルモンバランスが乱れて体調不良に陥りやすくなります。このことを更年期障害と呼びます。

 

エストロゲンには毛髪の成長を促進する働きがあるとされており、これが減少すると抜け毛が増えるなど頭皮環境が悪化する恐れがあります。
部分的ではなく全体的に脱毛してしまうので、頭皮が薄くなっていることが周囲に目立ちやすいという難点があります。

 

病院で更年期障害と診断された場合、ホルモン補充療法として女性ホルモンのエストロゲンを補充する医薬品が処方されます。

 

代表的なのがエストロゲン黄体ホルモン配合剤などで、エストロゲンが補充されることで症状の軽改善を図ります。

 

また病院によって漢方療法を行うところもあります。

 

処方される漢方を服用することで、エストロゲンの減少に対応可能な体を根本から作っていくことが目的となります。

 

漢方薬により体の血行が改善し、頭皮の血流が良くなるので毛髪の成長を促します。
さらに更年期障害特有の冷えや疲労感なども改善するため、ホルモン補充療法で処方される薬品と並んで効果的な治療薬と言えます。

 

更年期は薬に頼らなくてもサプリで改善できることも

更年期障害の治療薬は確かに有効ですが、一方で医療費が高額で続けるのが難しかったり、副作用の心配もあります。

 

そんな人には医薬品よりもサプリメントの方が適しています。

 

サプリメントの役割はエストロゲンとよく似た働きをする成分を体内に取り込み、女性ホルモンの乱れを改善することにあります。
さらに自律神経の乱れを正す効果もあるので、抜け毛以外にもイライラや疲労感、むくみなど更年期障害特有の症状を軽減する働きが期待できます。

 

医薬品と異なり効果の度合いには個人差があるため、サプリメントを選ぶ際は購入者の口コミや評判をチェックすることが大切です。

 

自分の体質に合わないサプリはいくら飲んでも効かないことがあるからです。

 

更年期の改善に役立つおすすめのサプリは、大豆イソフラボンが含まれたものです。
この大豆イソフラボンは体内に吸収されると女性ホルモンに酷似した成分に変化し、女性ホルモンとして体調を整える効果があります。

 

サプリメントを服用する際の注意点として、即効性があるわけではないので継続して飲み続ける必要があることです。

 

少なくとも2週間、できれば1ヶ月程度は服用を続けてください。
逆に途中でやめてしまうと効果が現れないこともあるので、長い目で考えて対策をを行ってくださいね。