MENU

更年期の抜け毛に効くサプリメント成分・薄毛は予防できる!

更年期,抜け毛,サプリ

更年期に差し掛かると女性ホルモンのエストロゲン分泌量が急激に低下することでホルモンバランスが乱れ、心身にさまざまな不調があらわれるようになります。

 

ホットフラッシュや発汗、頭痛やめまい、むくみなどの身体的な症状のほか強いイライラや不眠・抑うつといった精神面の不調など更年期障害特有の症状に悩まされるようになるばかりか、肌や髪のトラブルも多発するようになります。

 

中でも更年期に急に抜け毛が増え、薄毛の進行に不安を覚える人も少なくありません。

 

薄毛の悩みは男性に多いという印象ですが、更年期の女性は髪の健康維持にも重要な役割を果たしている女性ホルモン量が激減するため男性ホルモンの影響を受けやすくなり、薄毛のリスクが高まってしまいます。

 

抜け毛や薄毛は自律神経の乱れによる血行不良でも起こりやすくなることから、ホルモンバランスが崩れることで自律神経も乱れやすくなる更年期は双方の悪影響で髪へのダメージが倍増する恐れがあります。

 

そのため分泌量を減らした女性ホルモンの働きをサポートする効能を持ったサプリメントの服用が抜け毛対策にも役立つことが期待されており、中でも有効と考えられているのが大豆などに含まれるポリフェノールの一種イソフラボンです。

 

更年期障害全般にはエクオールが有効

更年期に激減する女性ホルモンの働きをサポートするためには、エストロゲンと似た働きをするイソフラボンの摂取が良いとされ、サプリメント等で摂取することでホルモンバランスを整えるために役立つと考えられてきました。

 

近年では単にイソフラボンを摂取するだけでは効果的な改善が難しいタイプの人が少なくないことが明らかになり、そのカギを握るのがエクオールという物質であることが判明し、更年期障害全般にはエクオール摂取が有効と言われるようになっています。

 

体内に入ったイソフラボンはそのままでは女性ホルモンをサポートするには不十分で、腸の中でエクオール産生菌という腸内細菌によってエクオールに変換されてから本領を発揮するようになります。

 

日本人ではエクオール産生菌を持つ人が半数に満たないと言われることからサプリメントでの摂取が推奨されています。

 

女性ホルモン量の激減で崩れたホルモンバランスをサポートするエクオールはエストロゲンが担っていた毛根への栄養を送る働きや髪が生えるサイクルの正常化も助けるため、抜け毛を予防し薄毛になるリスクを低減させることにつなげます。

 

さらにコラーゲン生成を促進させ、髪にハリやコシを与えて頭皮の健康状態も改善することが期待できます。