MENU

更年期の薄毛と女性ホルモンの関係・薄毛を予防するために

更年期,抜け毛,サプリ

女性は年を重ねて更年期に入ると女性ホルモンが減少することはよく知られています。

 

女性は出産に備えて排卵を行う体の仕組みを備えていますが、年を重ねるとその機能が落ちてきます。
女性ホルモンが減少することで、人によっては更年期障害と呼ばれる症状に悩まされる女性もいます。

 

女性ホルモンの減少が原因で自律神経が乱れ、汗をかきやすくなったり、すぐにのぼせてしまったり、動悸などの症状を感じる方もいらっしゃいます。

 

女性ホルモンは一般的に40代か50代にかけて急激に減少します。

 

女性の卵巣の機能が低下することが原因になりますが、いつまでも若々しくいたい女性にとっては急に自分の体が言うことを利かなくなることにショックを覚える方も少なくありません。

 

しかし、年を重ねると誰もが経験する可能性がある症状ですので、慌てずに向き合うようにしましょう。体調が悪いとそれだけでストレスを感じてしまいます。

 

ストレスを感じると更に自律神経が乱れるという悪循環に陥ってしまいますので、自分のペースを乱さないように、リラックスをしたり、睡眠もきちんととるように意識しましょう。

 

特に家事に仕事にと忙しい毎日を送っていると自分をいたわる時間を取ることが難しいものですが、運動、睡眠、食事など健康的な生活習慣を心掛けましょう。

 

女性ホルモンの減少により抜け毛が増える

女性ホルモンが減少すると、抜け毛が増える傾向にあります。

 

女性にとって髪はとても大切な体の一部ですので、受けるショックも大きなものです。

 

男性に抜け毛に悩む方が多いのは男性ホルモンが多く分泌されていることが原因の一つとして上げられますが、女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位になることで抜け毛が増えることがあります。

 

また、更年期に入り、更年期障害に悩まされることによるストレスも髪にとっては良くありません。
ストレスを上手く解消してあげるようにしましょう。

 

抜け毛が多いと、まず皮膚科に行くべきだと考える方が多いものですが、女性ホルモンの減少を原因とする卵巣機能の低下を改善する必要がある場合は皮膚科ではなく、婦人科の専門医に診てもらわなければなりません。

 

出産以来産婦人科に行く機会がなかった方にとっては、なかなか行きにくいと感じるかもしれませんが、卵巣に病気があることによる抜け毛の可能性もありますので、早く専門医に診てもらうことは重要です。

 

相談をしてみることで、悩んでいた更年期の症状も緩和され、ストレスも緩和され、抜け毛の量が減ってくれば、また毎日を明るく過ごすことが出来るでしょう。
悩んでいるのであれば、早めの行動が良いでしょう。
"