MENU

更年期の薄毛はシャンプーを変えてもダメ!市販サプリでも改善できる?

更年期,抜け毛,サプリ

閉経を迎える頃の50歳前後の10年間が更年期と呼ばれる時期。

 

この時期は女性ホルモンが急激に減少してバランスを崩すため、様々な更年期障害を引き起こします。

 

そして女性の薄毛も更年期障害の一つと考えられています。

 

更年期には女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが同時に減少するのですが、元々エストロゲンには健康な髪を生成する役割があります。
つまりエストロゲンが減る事で髪の毛が痩せたり毛根が弱くなって抜けやすくなってしまうのです。

 

ところで女性の薄毛を改善させるために効果があると宣伝しているシャンプーがありますが、更年期の薄毛改善にはシャンプーを変えても意味がありません。

 

そもそも更年期の薄毛は女性ホルモンの減少が大きな原因となっているため、シャンプーを違うものに変えたからと言って状況が劇的に変わる訳ではないのです。

 

ただしシャンプー方法を間違っていると、頭皮環境が悪くなって抜け毛が増える原因になります。

 

つまりシャンプーで更年期の薄毛を改善させようと思うなら、シャンプーを変えるのではなく、まず自分のシャンプー方法を見直して正しいヘアケアを実践する事が大切です。

 

そして他にもぜひ取り入れたい効果的な方法があります。

 

更年期の薄毛にはイソフラボンサプリが有効

更年期の薄毛に効果があると注目されているのがイソフラボンサプリです。

 

原因が女性ホルモンの減少によるものなので、女性ホルモンを補充するという意味でイソフラボンサプリが有効なのです。

 

このイソフラボンとは大豆に含まれているのですが、女性ホルモンのエストロゲンと近い働きをする作用があります。
つまり体の外から取り入れる事で女性ホルモンと似た成分が体内で増え、更年期の薄毛予防や毛髪の健康などに繋がっていきます。

 

また女性にも男性ホルモンが存在するのですが、イソフラボンには男性ホルモンを抑制する効果もあるので、薄毛の原因の除去にも役立つのです。

 

ちなみに大豆イソフラボンは納豆や豆乳、豆腐、きな粉、味噌など毎日の食事からも摂取できます。
ただ毎日取り入れたいものなので、無理なく続けるならイソフラボンサプリが便利になります。

 

一つ注意したいのが、イソフラボンサプリの摂取量です。
摂取量は少なすぎると効果を得ることが出来ないかもしれませんが、過剰摂取すると胃腸に負担をかける事になり、またホルモンバランスを乱れさす可能性もあります。

 

サプリの場合は1日30rの摂取が望ましいとされているので、用法用量を守って続ける事が大切です。