MENU

女性特有の悩み 更年期障害による抜け毛は育毛サプリで治るのか!?

更年期,抜け毛,サプリ

 

『更年期 抜け毛』

 

女性は誰しも、40代の半ばを過ぎた頃から更年期に差し掛かります。

 

閉経を迎え、女性ホルモンの分泌が急激に減少していくのに身体が対応できず、様々な形で不調が現れてくる時期、

 

この時期、精神的なイライラや異常発汗だけでなく「抜け毛」という悩みを抱える方も多くいらっしゃいます。

 

「髪は女性の命」と言われることもあるほど、女性にとって美しい髪の毛は大切なもの。

 

それがどんどん抜け落ちてしまっては気が気ではありませんよね。

 

更年期の抜け毛は治るのか?

 

と、多くの方が疑問に思っていらっしゃいますが、最近の研究では「完全に治る」とは言えないまでも、「かなり改善できる」事が明らかになってきています。

 

この記事では、更年期の抜け毛に有効な育毛対策、更年期の女性専用の育毛サプリなどをご紹介していきます!

 

女性の悩みについて

更年期の抜け毛は女性ホルモンの現状が原因

人間の体からは、細胞や器官に作用して様々な働きを促す「ホルモン」と呼ばれる物質が分泌されています。

 

この中でも『毛』に関する働きが大きいのが女性ホルモンである「エストロゲン」と、男性ホルモンである「アンドロゲン」の2つ。

 

一口に『毛』とは言っても、頭に生える頭髪を育てるのがエストロゲン

 

身体に生える体毛を育てるのがアンドロゲンと言われています。

 

男性では、胸毛やすね毛はとても濃いのに、頭ではハゲている人がいますよね。
あれは、アンドロゲンが多い代わりにエストロゲンが少ないためです。

 

また、同じ頭でも頭頂部付近はエストロゲン、側頭部付近はアンドロゲンの影響が強いと言われています。

 

男性の抜け毛

男性の場合、頭頂部からハゲが広がって側頭部ににだけ髪が残っている状態の人が多いのも、このホルモンの違いによるものです。

 

女性の場合は、元から女性ホルモンのエストロゲンが多く分泌されているため、男性のように薄毛になっていくことは少ないのですが、更年期を迎えて女性ホルモンの分泌が急激に減ることで、抜け毛が進行していく場合があります。

 

しかも、女性の場合は元から男性ホルモンも少ないので、男性のように頭頂部や生え際が目立って薄くなっていくのではなく、全体的に少しづつ抜け毛が進行していきます。

 

これは女性特有の「びまん性脱毛症」と呼ばれています。

 

全体的に少しづつ薄くなっていくため抜け毛の進行に気が付きにくく、気付いたときには「かなり薄毛が進行してしまっていた」というケースが少なくありません。

 

何事も、症状が進行してから慌てるより、初期段階で有効な対処をしておくことが重要。

 

普段から、シャンプーの際に抜け毛が増えていないかなど、気にかけるようにしましょう。
特に倦怠感が常にあるとか、体のほてりを感じるといった更年期障害の症状を自覚している方は、髪の毛の状態にも注意を払った方が良いでしょう。

 

びまん性脱毛症

抜け毛を見るときのポイント

シャンプーの際に、手についてくる抜け毛は気になるもの。
本当は一本も抜けてほしくないんですが、人間ですからそうはいきません。

 

一般的に、人間の髪の毛は1日に50〜100本抜けると言われています。

 

ですから、多少の抜け毛は心配する必要はありません。

 

しかし、「どんな毛が抜けているか」は注目して見てください。

 

ぱっと目につくのはしっかりした太い毛で、これが抜けていたらショックかもしれませんが、成長しきった太い毛が抜けるのは、ごく普通の事です。

 

むしろ、成長途中の細い毛が抜けていたら要注意!

 

成長しきった毛がいくら抜けても、新しい毛が生えてくれば問題ないのです。
新しい毛が、成長する途中で抜けてしまうというのは大問題です。

 

薄毛は、このようにして起こるのです。

 

もしシャンプーの際、手のひらに細い毛が絡みついてくるようなら、
すぐに抜け毛対策を始めたほうが良いかもしれませんよ。

 

薄毛がすすんでいく

更年期の抜け毛はサプリで女性ホルモンを整えるのが有効

更年期の抜け毛は、女性ホルモンの減少が原因。

 

であるならば、その対策は女性ホルモンの減少を防ぐことが有効です。

 

女性ホルモンをサポートする更年期障害向けのサプリメントなどが、抜け毛対策にも効果を発揮します。

 

実際、女性専門の育毛クリニックや美容皮膚科などでの治療では、減少した女性ホルモンをホルモン剤の注射などでコントロールする方法が取られることが一般的です。

 

既にアメリカでは、減少したホルモンを補充して閉経前の状態に導く方法が、発毛に関してもその効果を認められたといわれています。

 

そもそも更年期障害の症状は抜け毛だけでなく、イライラや体調不良もあるため、女性ホルモンを外からサポートすることでこれらの症状も合わせて緩和することが出来るのが大きなメリット。

 

「育毛」というと、男性が使うような育毛剤のイメージが一般的で、女性にも効果が無いことは無いですのですが、「更年期の抜け毛」という特定のケースに置いては、そもそもの原因が「頭皮」というより「ホルモンバランス」にあるため、その対策も、体内からホルモンバランスをサポートするサプリメントなどが適しているのです。

 

綺麗な髪の女性

更年期の抜け毛対策”女性専用”育毛サプリメント「イクモア」

更年期の女性の抜け毛は、男性の抜け毛と原因が異なります。

 

このため、男性用の育毛剤や育毛サプリを女性が使用しても、思ったような効果が望めないことも。

 

やはり、女性には女性専用の育毛サプリが必要。

 

ただ、更年期の女性向けの育毛サプリというのと、選択肢はなかなか多くありません。

 

その中でも特にオススメしたいのが、オフィスKAZUMIプラス株式会社が発売する「イクモア」

 

イクモア~iqumore~

美容内科医の服部達也氏が監修。
イソフラボン、ケラチン、リジン、亜鉛など女性の抜け毛や薄毛に良い成分はもちろん、ヒハツ、シナモン、黒胡椒など冷えや浮腫みなど女性ならではのお悩みに嬉しい成分も数多く配合。
・医師(発毛診療医)が監修しているサプリだから安心
・体の内側から更年期の根本的なケアができる

イクモア 原材料

L-アルギニン、L-リジン、L-シトルリン、ケラチン、亜鉛、パントテン酸カルシウム、大豆イソフラボン、ヒハツ、シナモン、黒胡椒エキス

育毛サプリは”継続”がカギ

イクモアに限らず、育毛サプリの効果は”継続”がカギになります。

 

1か月飲んで効果が出ないからといって、すぐに飲むのを辞めてしまってはどんなサプリも効果は出ません。

 

飲み始めて数ヶ月で産毛が生えてきた、ということを取っても

 

「まだ産毛しか無いの?」と感じるか
「もう産毛が生えてきた!」と感じるかで評価が変わります。

 

一般的に、生え始めた産毛がしっかりとした髪の毛に成長するまでには2〜3年かかると言われています。

 

イクモアのようなサプリを飲み始めたからといって、すぐにフサフサになることはありえません。
もちろん、どんなに高級な育毛剤でも同じです。

 

産毛が生えてくるだけでも、確かに効いているということですので、
その産毛がしっかり成長するまで、根気よく継続することが大事です。

 

イクモアについてもネットの口コミを調べていると、3ヵ月〜半年間継続して飲んだ方は、確かな効果を実感している方が多いようです!

 

イクモアの副作用は?気になる質問まとめ

イクモアに副作用はありますか?

イクモアは医薬品ではなくサプリメントなので、副作用の心配は基本的にありません。

 

ただし、どんな栄養でも摂りすぎれば毒になることもあります。
サプリは栄養を凝縮した健康食品ですので、短期間に飲みすぎると、過剰摂取となる場合があります。

 

たくさん飲んだから効果が上がるわけではありませんので、1日の摂取目安は守るようにしましょう。
イクモアの1日の目安は3粒となっています。

 

アレルギーの心配はありますか?

アレルギーの心配がある方は、原材料を確認してからお飲み下さい。
イクモアには”大豆イソフラボン”が含まれていますので、大豆アレルギーの方はご注意下さい。

 

イクモアはどのタイミングで飲むのが効果的?

イクモアは医薬品ではなくサプリですので、飲むタイミングに制限はありません。
1日3粒は、一度に飲んでも分けて飲んでも大丈夫です。
ご自身が一番続けやすいタイミングで飲むのが良いでしょう。

 

ただ、食事の後のほうが消化酵素がたくさん出ているので、吸収されやすくなる場合もあります。

 

妊娠中、授乳中も飲んで大丈夫ですか?

毒になるものは入っていませんが、妊娠中、授乳中は身体がデリケートになりますので、避けたほうが無難です。
授乳中が終わった後の産後抜け毛にお悩みの方には、オススメできます。

 

妊娠中、授乳中の抜け毛は、栄養が赤ちゃんに取られてしまうことによるもの、ホルモンバランスの乱れによるものが多いので、
普段の食事でタンパク質をはじめ、しっかりと栄養を摂ることを心がけましょう。

 

ヘアカラーやパーマをしていても大丈夫ですか?

もちろん全く問題ありません。
むしろ、カラーやパーマのダメージケアとして、内側から栄養補給することはとても有効です。
若い頃のカラーやパーマで痛めてしまった事を気にされている方にも支持されています。

 

 

更年期の抜け毛対策に出来ること

イクモアのような育毛サプリの効果をさらに高めるには、もちろん飲むだけではなく、他にも出来ることがあります。
代表的な対策をご紹介します!

 

シャンプーを優しくする

シャンプーをする時に強めの力でゴシゴシ擦ったり、爪を立てたりして洗っている人は意外と多いもの

 

こういった方法でシャンプーをしていると、頭皮がダメージを受けやすくなり、抜け毛を助長する結果につながりかねません。

 

シャンプーをする際は、指の腹を使って優しく洗うことが大事です。

 

ドライヤーは低温に

更年期の年齢に限りませんが、ドライヤーの熱というのは髪にかなりのダメージを与えます。
特に、加齢によって強い髪を作れなくなってくる時期には要注意。

 

入浴後のドライヤーは、低温設定の出来るものを選び、なるべく髪を熱にさらさないようにしましょう。
かと言って、低い温度ではなかなか乾かず、ドライヤー時間が長くなってしまうのも問題。

 

髪が熱に晒される時間が長くなるし、強い風によって髪の毛同士が強く擦れ合う事による摩擦も、無視できないダメージとなります。

 

最近では特殊な技術によって「低温なのに高温と同じくらい早く髪を乾かせるドライヤー」が発売されています。
価格は高くなりますが、ドライヤーによる髪の毛のダメージが気になる方にはものすごく売れています。

参照HP

ヒートケア低温ドライヤーとは

 

頭皮マッサージをする

シャンプー時や湯船に浸かっている時などに、頭皮マッサージをするのもおすすめです。
血行が促進され、毛母細胞に必要な栄養分を届けやすくなります。

 

指の腹で頭皮を優しく円を描くように2,30回行いましょう。
次に、指の腹で軽く全体的に叩いて挙げると、その刺激で血行が促されていきます。

 

紫外線対策をする

紫外線は、お肌だけでなく髪にも有害です。
日差しの強い日に外出する際は、帽子や日傘などでの紫外線対策を怠らないようにしましょう。

 

また、帽子をずっとかぶっていると汗で蒸れることで肌が不潔になりますが、それよりも紫外線を直接受けることの方が有害です。
日陰に入った時に帽子を取って頭皮を乾かすことは必要ですが、なるべく頭皮に紫外線を受けないように気をつけましょう。

参照HP

イクモア

 

頭皮マッサージ

更年期の抜け毛にも有効な”エクオール”とは

イクモアは、更年期の女性専用の「育毛」サプリとして紹介しました。

 

ただ、更年期の悩みは抜け毛だけではなく、異常発汗、倦怠感、イライラなど様々ですよね。

 

そうした更年期の悩み全般に有効な成分として、「エクオール」という物質が近年注目を集めています。

 

エクオールとは?

女性の更年期障害は、加齢によって女性ホルモンの量が減少することによって起こりますが、その女性ホルモンと似たような働きをしてくれるのが、大豆などに含まれる”イソフラボン”

 

体内で生成されるエストロゲンが加齢によって減少してしまっても、食品からイソフラボンをしっかり摂取していれば、更年期特有の様々な症状を軽減することができます。

 

その中でも、最近の研究で発見されたのが、「スーパーイソフラボン」と呼ばれる”エクオール”

 

エクオールは、その効き目自体は、エストロゲンの100分の1から1000分の1とわずかですが、エストロゲンが足りない時に、その信号を受け取るエストロゲン受容体にエクオールがはまり込み、肌や骨、血管や脳などを守る作用を発揮します。

 

一方、エストロゲンが過剰にあるときは、エストロゲン受容体の一部に、椅子取りゲームの要領で効き目が優しいエクオールがはまり込むことで、その作用を弱めると考えられています。

 

日本更年期医学会の研究によって、更年期障害の症状が重い人の尿からはエクオールがわずか若しくは全く検出されず、その一方で症状が軽い人の尿からは、多くのエクオールが検出されたということです。

 

つまり、エクオールが少ない人は更年期の症状が重くなりやすいと言えますね。

更年期の悩みはエクオール不足

エクオールは体内で作れる人と作れない人がいる

更年期障害の強い味方となるエクオールですが、実はこのエクオールを体内で作れる人と作れない人がいるのです。

 

大豆イソフラボンに含まれる“ダイゼイン”が腸内細菌の働きによってエクオールに変化するのですが、このエクオールを作り出す”エクオール産生菌”を腸内に保有しているのは、日本人女性の実に2人に1人。

 

つまり、日本人女性の半分はエクオールを体内で作り出すことができないのです。

 

ご自身の腸内にエクオール産生菌がいるかどうかは、婦人科クリニックなどでの尿検査で調べることができます。
しかし、そこでエクオール産生菌が検出されたからといって、安心はできません。

 

・菌はいるものの、ごくわずかしかいない。
・菌はいるが、ほとんど活性化されていない。

 

などの理由で、エクオール産生菌を保有していても、エクオールをほとんど生産できていない人も少なくないのです。

 

では、このような人は諦めるしかないのでしょうか?
そんなことはありません。

 

サプリメントならば、腸内細菌の有無に関わらず全ての人がエクオールを摂取できます。
体内で作れないのならば、体外から取り込めばいいのです。

 

更年期の抜け毛をはじめ、様々な症状にお悩みの方は、エクオールをサプリメントで摂取することで症状が改善する場合があります。

 

おすすめのエクオール サプリメント

エクオールのサプリはいくつか市販されていますが、口コミでも評価が高くおすすめなのは、

 

アドバンスト・メディカル・ケアの『エクオール+ラクトビオン酸サプリメント』です。

 

エクオール+ラクトビオン酸

ラクトビオン酸を配合することでエクオールの生産力とカルシウムの吸収を高めたエクオールサプリメントのパイオニア。
更年期治療専門医師との共同開発により、女性特有の「ゆらぎ」をサポートします。
エクオールはエストロゲン様作用、抗エストロゲン作用と抗酸化作用の効果があり、特に更年期女性の不調を和らげることも期待できます。
・更年期専門医との共同開発
・吸収率まで考えた配合成分

エクオール+ラクトビオン酸 配合成分

ビール酵母、ラクトビオン酸含有乳糖発酵物、大豆胚芽抽出発酵物、HPMC、
カラメル色素、(原材料の一部に乳、大豆由来原料を含む)

 

ラクトビオン酸とは、エクオール産生菌の活動をサポートし、エクオールの体内での産生性をアップしてくれる成分です。
これを一緒に配合することで、サプリメントの効果をさらに高めているのです。

 

加えて、ラクトビオン酸はカルシウムの吸収を助けてくれます。

 

更年期では、カルシウムの吸収力も低下し、心身に不調をきたす原因となるので、更年期障害に悩む女性を総合的にサポートしてくれるサプリといえます。

 

 

更年期の抜け毛対策はサプリ以外にも生活習慣で

更年期の抜け毛を治すためには、女性ホルモンの減少を防ぎ、ホルモンバランスを整えることが大切です。

 

実際に、薄毛クリニックや美容皮膚科では投薬や注射による治療法以外に、日常のヘアケアの指導や食生活の改善などのアドバイスも行っています。

 

サプリや育毛剤の効果をさらに高めるためにも、普段の生活習慣を改善することは有効で、結果的に更年期障害の様々な症状を緩和することにも繋がります。

 

・早寝早起きの規則正しい生活
・なるべくストレスを溜め込まずに発散する
・栄養バランスを考えた食事
・定期的な運動
・帽子などでの紫外線対策

 

出来る範囲でこれらを心がけて、できるだけ薄毛の進行を止めると同時に、改善のための習慣をできるだけ早いタイミングから始められることをおすすめします!