MENU

”産後抜け毛”も更年期と同じ原因?その違いとは

産後抜け毛

 

更年期の抜け毛に悩む方が多い一方で、女性の場合は「産後の抜け毛」に悩む方も多いですよね。

 

産後すぐはそれほどでもないと感じていても、2〜3か月ほど経つと徐々に抜け毛が増えていきます。
一般的には、「産後3ヶ月」が、抜け毛のピークと言われています。

 

 

産後の抜け毛に関しても、実は更年期の抜け毛と同じく「ホルモンバランスの乱れ」が原因です。

 

頭髪の育成に関わる女性ホルモン、エストロゲンの分泌が減ることが抜け毛の原因となりますが、産後抜け毛の場合は更年期の抜け毛と少し事情が違います。

 

妊娠中の女性の体内では、女性ホルモンが多量に分泌されるため、髪の毛が抜けにくい状態になります。

 

それが出産を終えると、女性ホルモンの分泌量は元に戻るため、妊娠中と比べると相対的には減少していくことになります。

 

すると、それまで女性ホルモンが過剰に分泌されていたために抜けないまま頭皮に生えていた髪の毛が、まとめて抜けてしまうのです。

 

ただし、女性ホルモンの状態が落ち着き、頭皮に留まっていた髪の毛がすべて抜けてしまうと、今度は新しい髪の毛が生えてきます。

 

産後には身体の変化だけでなく、育児という新たなストレスによる影響も大きく、それらに慣れて落ち着いてきた時期になると、抜け毛のことも気にならなくなる人がほとんど。

 

このため、産後抜け毛に関しては、そのまま薄毛が進行してしまうようなケースは少なく、対策もそれほど焦る必要はありません。

 

また、出産後に母乳で赤ちゃんを育てている女性は、どうしても栄養不足になりがちです。

 

食事に気を使ってジャンクフードなどを避けるようにしていても、どうしても栄養分が不足しがちになりますから、十分な量を食べるようにしてください。

 

産後はダイエットに励む女性も多いですが、無理なダイエットは禁物です。

 

十分な栄養を摂って適度にストレスケアをしていくことが、産後のママの身体には大切ですね。